ビタミンCはお肌に良いと今盛んに女性誌などで特集が組まれていますよね。
その中によく出るキーワードとしてビタミンC誘導体と言う言葉があります。
わかるようでなかなかわからないこのビタミンC誘導体と言う成分を説明していきたいと思います。
ビタミンC誘導体には水溶性と油溶性があります。
ビタミンCは抗酸化作用があったり美白効果に優れた成分で、特に女性に人気の成分ですが、成分自体がもろく、壊れやすいのが特徴です。
とても壊れやすいのでなかなか化粧品として使うのが難しい商品でした。
中にはビタミンC入りの化粧品として販売している商品がありましたがなかなか効果を実感することが難しいというのが現状でした。
つまり壊れやすい成分なので、うまくお肌に届けることができないのです。
そんな壊れやすいビタミンCのチカラを損なわないよう改良に改良を重ねて安定化させた成分が今話題になっている「ビタミンC誘導体」になるのです。
ビタミンCを誘導体化させるとどのようなメリットがあるの?
ビタミンCを誘導体のメリットは、例えば、ビタミンCを皮膚にそのまま塗る事が可能になりました。
今までのビタミンCでは成分がもろいため、きわめて壊れやすいため、ほとんど皮膚に浸透できませんでした…。
そんなビタミンCを「誘導体化」させる事により、皮膚への浸透力を高めるのはもちろん、皮膚内に浸透してからビタミンCに変化するという特徴を持っています。

ビタミンC誘導体の美容効果

ビタミンC誘導体には、抗酸化作用や新陳代謝を促す作用があります。
できてしまったメラニンを還元する事により色素沈着を防ぐ作用が期待できます。
それに皮脂分泌のコントロールする作用もあり、他にもお肌を滑らかにする作用などさまざまな美容効果が期待できるのです。

ビタミンC誘導体は、分子が小さくなっていますのでお肌に浸透しやすくなったタイプの真皮でコラーゲンの生成に働きかけることが期待する事もできます。
このようにビタミンC誘導体にはシワやシミだけではなく肌のたるみなど女性にとって嬉しい様々なトラブルを解決してくれる効果が期待できる成分なのです。
ビタミンC誘導体を取り少しでも理想のお肌に近づけるといいですね。

参考: ビタブリッドCフェイス 口コミ

関連記事


    目は、顔の印象を大きく左右する部分、アイメイクに力を入れる女性は多いですよね。 だけど、まつ毛も肌や髪と同様、加齢やストレスが原因で衰えがち、印象的な目元を演出しようと思っても、その素材となるまつ毛…


    美容液は、美容成分を肌の角質層まで届けるという役割があります。 乾燥による小じわを目立たなくしたい、肌の乾燥を防ぎたい、日焼けによるシミを防ぎたいといった明確な目的がある場合は美容液の使用がおススメで…


    ワセリンというスキンケア用品は、保湿剤ナンバーワンだそうです。 肌が乾燥しているときは、保湿主体のスキンケアに採り入れてみませんか? 唇に手に顔になど、どの部分に塗布しても問題ないとされていますので、…


    プラセンタにはヒト由来だけじゃなく、植物由来など様々な種類があります。 各タイプの特色を見極めたうえで、 医療や美容などの幅広い分野で活用されているのだそうです。 女性の大敵のシミもくすみもなく、 赤…


    クリーミューの成分は、粘土や泥です。 この粘土や泥は、クレイとも呼ばれています。 クリーミューは、数あるクレイの中から厳選した6種の成分を配合したものが含まれています。 基本的にクレイは、血液の流れを…