耐久性のある外壁塗装を考える上で、まず外壁塗装の役割を知っておく必要があります。
なぜ外壁に塗装をしなければならないのかと言うと、外壁に塗られた塗料は表面に塗膜を作り、その塗膜が外壁を守ってくれています。

参考はこちら →外壁塗装 耐久

外壁塗装は、風や汚れ、湿気や雨、その他紫外線や有害なガスの影響を遮断して、劣化を防ぐ役割をしています。
塗膜が劣化すれば、汚れなどのダメージを直接下地が受けてしまいます。
その期間が長くなってしまえば、下地が腐ってしまい、補修のしようがない状態になってしまいます。
そうなる前に塗り替えをしないとならないのですが、その時に耐久性のある塗料を採用することが重要となります。
下地の耐久性を伸ばすことにつながり、住宅を維持する上で大切なことです。
耐久性のある塗料を選ぶということが非常に大切なことであるのが分ります。
耐久性を要求するとき、汚れにくさが第一に挙げられることが多いです。
耐久性があり汚れにくい外壁塗装の塗料の選び方は、ツヤあり塗料、セルフクリーニング機能を持つ塗料、低汚染性塗料、防カビ剤入り塗料を選ぶことで、耐久性があり汚れにくい外壁に仕上げてくれます。
よって、外壁塗装の耐久性を上げるには、塗料選びで耐久性のあるものを選ぶことが大切なポイントであると言えます。

関連記事