原因の一つに遺伝があります。

それは誰にもコントロールできないので仕方がないですが、多汗症を助長させている行為もあります。

その中でも特に原因として考えられるものに制汗剤があります。

制汗剤には様々な化学物質によって造られているので、身体は化学物質に対して反応しより汗を出そうとするのです。

そして化学物質と汗が混ざり嫌な臭いがするのだと考えられます。

ではどのように多汗症を治すまではいがないにしろ軽減できるのか、、、

それはやはり身体に摂り入れるものから変えていかなければなりません。

短期的に治そうとするのではなく長期的に治そうとすることが重要です。

制汗剤に関してもスプレーをシュッとしただけで臭いが消えると人間の短期的欲求に対してアプローチしていますが、

やはりそれでは一時的な対処であり根本的には解決していないのです。

では長期的にアプローチするにはどうしたらよいのか?アプローチの一つにオススメなのが、リンゴ酢です。

リンゴ酢は殺菌作用などがあります。

身体の中にある毒素を排出してくれる作用があるため、毎日水に混ぜて(カップ一杯の水に大さじ1のリンゴ酢)飲むと効果的です。

飲むのが無理な方は、リンゴ酢と水を混ぜてそれをスプレーできるような容器に入れて(容器はガラス製のほうがよい。プラスチックだと溶けてしまうため)、

気になるところにシュッとするのです。

お風呂上がりに行うといいと思います。

数日行っただけでは効果的でないので長期的にやってみてください。

それが根本的に改善する一番の近道です。
こちらにも詳しく多汗症の原因について書いてあるので参考にしてください。→多汗症 原因

関連記事

    None Found